Now Loading...

乾かす事とダメージの関係


 
美髪を作るちょっと変わった取り組みをする美容室のトダタクです。

最近この呼び名された事ないんですが、覚えてもらいやすいのかな?と思って使ってます笑

 

さて今回のご質問にお答えします。

 

 

 

髪を傷まないようにする為に何を気を付けたらいいですか??

というご質問・・・

結構みなさん気になるところではないでしょうか??

沢山ありますが、

乾かす!!にフォーカスします。

まず一番大切なのが、髪の毛を乾かしてねていますでしょうか??
この乾かして寝ていないのは結構問題です。

髪は濡れると、敏感な状態になります。

どれくらい敏感か?

濡れた海苔を、破らずに海苔巻きから剥がす位敏感です。(謎)

じつは・・・濡れている髪の毛をタオルでゴシゴシ!!とするとそれだけでダメージします。

頭をふくときは頭皮の水分をとるイメージで、髪の水分は出来るだけこすらないように取りましょう。

方法は、タオルで髪を包んで優しくポンポンと叩くようにするか、

ぎゅっぎゅっと握るように水分をとるようにして見て下さい。

出来るだけタオルで水分ががとれましたら、そこからドライヤーで乾かしましょう!

洗い流さないトリートメントをつけて乾かしましょう。

基本的には、髪の中間から毛先にかけてつけるモノが多いので、

使用方法はその洗い流さないトリートメントのパッケージを確認してくださいね♪

洗い流さないトリートメントは、ドライヤーの熱から髪を守ります。

これにより、髪の乾燥や乾かしすぎなどを防ぐ効果が生まれる為です。

巻いたり、ブローされる方は特に重要なアイテムの一つになりますので要チェックです。

まずは、地肌をしっかりと乾かすことを念頭に

これは、地肌に近い方が乾きにくいので乾かしすぎを防いでくれるためです。

地肌が乾いたな・・・

と思ったらそこから髪の、

中間から毛先にかけて乾かしていきましょう。

最後に・・・

乾かし終わったら必ず確認!!

乾かし終わったらそのままにせず、髪を整えながら濡れてないかをチェックしてみて!!

【ツヤ子になる為の最後の一工夫】

最後に冷風で頭の上から下に向かって風を当てて、熱を取ってあげながら整えていくとツヤ感もアップし、濡れてる所も確認しやすいかも・・・

これが出来ればダメージを一つ防げますよ!

ぜひ、やってみてください!