Now Loading...

キレイを保つシャンプー方法

こんにちは!!
三田美容院の1518のトダタクです。

キレイな髪を作るうえで非常に大切な事柄の中にシャンプーという項目があります。

頭を洗うこども

さて、シャンプーはどのようにして行っていけばよいのでしょうか?

そこで1518の考える美髪を作る為のシャンプーの方法と考えをまとめてみました。

1518ではシャンプーを以下のように考えています。

シャンプーはまず、
【髪の汚れを落とす事】
髪の汚れを落とすとは?

髪の中にはタンパク質と言う栄養分があります。

その髪の中の栄養分が流れ出ないようにする為に、髪の毛の表面にあるキューティクルを優しく保護しながら、日常でついた髪表面の汚れ(スタイリング剤や過剰についている油分など)をしっかり落とすことを言います。

そしてもう一つの目的

【頭皮洗浄】です。

頭皮洗浄とは?

より良い環境下で育ち、健康な状態で髪が生えて来るようにする事が目的です。
これから新しく生えてくる髪は植物と同じように、環境の良い頭皮(植物は良い土)が必要です。
ですので、頭皮の過剰な皮脂や汚れなどを、頭皮が乾燥しないように潤いを保ちながら落とす為に、頭皮に優しい洗浄力のシャンプーで洗うことを言います。

【お手入れ手順】

実は、1日の約80%〜90%の汚れは最初のすすぎで落ちます


髪の汚れは最初のすすぎでほとんどの汚れは落ちてしまいます。
シャンプーの泡立ちを良くする為にも丁寧にすすいで下さい。
髪の汚れは意外と簡単に落ちるモノなんですね♪

シャンプーをする時の注意点

髪と髪を合わせてゴシゴシ擦るように洗うのは絶対にやめましょう!

髪のキューティクルは濡れるとダメージし易い状態になります。
そんな時に、ゴシゴシ。ゴシゴシ。

キューティクル同士がぶつかり合い
パサつきやダメージの原因になってしまいます。

そして、地肌は、優しくマッサージするように洗いましょう。
この時、マッサージの方法は、コレを参考にして下さいね♪


自宅の頭皮ケア

どうしても頭皮の汚れが気になる時は
泡のまま時間を置いてから流すと綺麗になります。

すすぐ目安は??


シャンプー剤は、とにかくしっかり流して下さい。
2~3分位を目安にされると良いかと思います。
実は2分って結構長いんです。もしよかったら測って見て下さいね!!

シャンプーは、美髪を作るうえで非常に大切な事柄の一つですが、
「髪を良くする」目的で作られてはいません。
ですので、髪の汚れを落とすというよりは、頭皮の事を思って選んであげれるのが頭皮にとって最適です。

シャンプーは髪や頭皮を洗浄するモノなので、髪をよくするものではありません。


たまにお客様の中で、根元の方が「油分過多」でべたついている方をお見掛けします。
これは、シャンプー剤の中のシリコン(皮膜剤)と言うモノが入っている事が多くの原因の一つと言われています。

ダメージヘア用シャンプーで良く見かけるモノですね。

頭皮から油分を補ってる根元に対しては「油分×被膜」で車のワックスをかけたような状態になっています。

シリコン自体は、ダメージした髪の毛には効果を発揮しますが頭皮にはいらないものなんですね。

頭皮にシリコンがつくと、毛穴詰まりが起こり、その結果・・・

抜け毛や薄毛の原因・頭皮の炎症にまで発展することも・・・( ゚Д゚)

【美髪を作るシャンプーまとめ】


①シャンプーをする前のすすぎでしっかりと汚れを落とす
②シャンプーは、頭皮を優しくマッサージするように洗いましょう
③シャンプー後のすすぎはしっかりと!最低2分~3分を目安に
④シャンプーは髪と頭皮の汚れを落とすモノで髪を良くするモノではありません

では、キレイな髪を作りながら素敵な毎日を送りましょう!!